東加古川駅前1分 自分で体をよくする方法を学べる整体・鍼灸(はり・きゅう)院こはく

頭痛の分類

  • HOME »
  • 頭痛の分類
頭痛はいくつかの種類にわけられます。 まず原因ごとに3つにわかれます。 ※特徴でありすべてがあてはまるとはかぎりません 頭部の異常により頭痛が引き起こされるケースも多いです。 逆に頭部の異常を日常からケアしてあげることで将来の脳障害予防に来られている人も多いです。 (認知症・脳梗塞・脳腫瘍・くも膜下出血・脳血管障害など)  

①慢性的な頭痛 (頭痛もちといわれる人の頭痛)

①偏頭痛・片頭痛 (ズキンズキンと脈打つような痛み)

・片側だけが痛むタイプの人と両側が痛むタイプの人がいる ・身体を動かすと痛みが強くなる ・吐き気や嘔吐を伴うこともある ・匂い・音・光に敏感になる ・頭痛の前に視野がみえにくくなったり、チカチカ光が見えたりする ・アルコールや特定の食品をとると起こる ・ホッとしたときや休日に起こりやすい ・寝すぎたときや人ごみの中で起こる ・熱いお風呂やサウナなどに入ると起こる ・時々寝込むほどに痛くなることがある ・生あくび・首や肩のこりなどを伴う ※慢性片頭痛の半分の人は頭痛薬の飲みすぎによると言われています。 予防法として ・規則正しい生活をおくり自律神経の働きを整える ・痛くなりそうな時に冷やして安静にする ・痛くなる原因をさける と言われていますが当院では9割5分以上の方が改善しています。  

②緊張型頭痛 (ギューっと締め付けられるような痛み)

・肩や首のこりやめまい・目の痛みを伴うこともある ・頭の両側や全体・後頭部が痛む ・気分転換に体を動かすと少しましになる ・筋肉の緊張や骨格の歪みからくると考えられている ・ストレスや精神的な緊張が関わるとされている ・鎮痛薬が効かない人も多い 予防法としては温めることや姿勢を正しくすることといわれている と言われていますが当院では9割以上の方が改善しています。

③群発性頭痛 (強烈な痛みが一定期間同じ時間に起こる)

・男性に多い ・目の奥がえぐられるような痛み ・目の充血や涙目や鼻水などの症状を伴う ・決まった方側が痛む と言われていますが当院で9割以上の方が改善しています。

②脳などの病気に伴う頭痛(急激な激しい痛みが起こります。まずは病院で検査を受けてからお越しください)

なにか病気が原因となって起きる頭痛です。 脳腫瘍・脳梗塞・くも膜下出血などの脳血管障害などの病気によって起こるものもあります。 髄膜炎・側頭動脈炎・副鼻腔炎やその他の全身の病気によっておこる頭痛もあります。 慢性頭痛の人はいつもの頭痛と思って我慢してしまう人がいます。 ・今までにない強い頭痛 ・意識がもうろうとする ・手足のしびれがある ・発熱を伴う ・急に痛みが強くなる ・どんどん痛みがひどくなる ・けいれんを伴う 慢性的な頭痛に比べると少ないですが、病院で検査後にお越しいただき当院では9割以上の方が改善しています。

③誰にでも起こる頭痛(アイスを食べたらキーン・二日酔いなど)

原因が解消されれば自然と治ります。 ただ生活に支障が出る程度のひどい方は体質改善に来院頂いています。 二日酔いがひどいので治したいなど

目の奥が痛い

目の奥が痛むという症状の方が多くおられます。 これは多くは頭の骨のゆがみによるものが多いです。(蝶形骨など) 痛みがひどくて来られた方でもすぐに痛みが取れて驚く方が多いです。

当院での施術について

  ひとことでいうと頭への血流改善が大切です。 これは頭痛の方だけではなく認知症・脳血管障害の予防にも効果的です。 頭痛はそれほど難しいものではありません。 是非ご相談下さい。  

①首の上部の神経を解く

首の上部には大切な神経がたくさん走行しています。 この神経の動きをよくすることで頭への血流を改善させていきます。 ここでは軽い手技ですが効果的なものを症状に合わせて行います。
呼吸を用いて骨盤の血流を上げていきます

②骨格を整える

骨は体の最も中心にあり体のバランスをとっています。 まずは骨格を整えることにより姿勢や動き方が効率的になります。 締めたネジに振動を加えてゆるめるよう骨格をゆるめていきます。 特に背骨や骨盤は体の重要な部分ですのでほぐれていくと全身の症状が改善していきます。 頭の血液が全身へもどりやすいからだにしていきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 079-498-2738 営業時間 14:00~19:00 [定休日:日曜]

PAGETOP