東加古川駅前1分 自分で体をよくする方法を学べる整体・鍼灸(はり・きゅう)院こはく

風邪

風邪は体に悪いのでしょうか?

風邪はうまくひいてうまくなおすと
いろいろな効用があります。
 
風邪をひくことで体の筋肉を
やわらげるというしくみが
体には存在しています。
 
体の感受性が低下していると
風邪をひかなければならない
条件でも風邪をひけず
 
下痢しなければいけない
条件でも下痢することができない。
 
このような状態で
病気をしたことがないから健康だ
といっていてももしかすると
それは健康ではないのかもしれません。
 
あくまでもヨガのひとつの
考え方ではありますが、
病気にもなれないような体は
真の健康とはいえないというように
考えるところがあります。
 
病むべきときには病み
疲れるべきときには疲れる状態が
健康な体だといっています。
 
体の潜在的な異常部位を
体が教えてくれているので
これをいいチャンスととらえて
体のあり方を見直しては
いかがでしょうか?
 

 

風邪はヨガではどう考えているか?

 ヨガでは傾向により風邪のウイルスを
繁殖しやすい条件を産み出していると
考えています。
 
この傾向が寒さや疲れや気のゆるみから
来るとされています。
風邪のひきやすい傾向を詳しくみると
 
筋肉のどこかがこり
体の可動性と感受性をにぶらせ
冷え性になったりします。
 
これは体のかたよった使い方や
ゆがんだ姿勢により
一部分にだけに無理をかけていたり
 
過食や薬の飲み過ぎや運動不足
睡眠過剰や呼吸が浅く酸素不足
ネガティブな気持ちが続く
排泄機能が落ちている
 
などによって起こってきます。
その人の体のこっているところにより
背中からひく、足からひく
腹からひく、肩からひく
 
咳のひどい人、熱の出る人
頭痛のする人、手足が痛む人
食欲のなくなる人
と体質により風邪も異なります。

 

喉や鼻にくる風邪をヨガでどう治すか?

風邪をひいてのどや鼻にくる人は
背骨の異常な箇所が偏る傾向があります。
この場所を修正することが大切です。
 
ヨガの
弓のポーズ
バッタのポーズ
コブラのポーズ
などを行うといいです。
 
発汗に関係のある箇所が異常を
おこしていることが多いので
これが気管などに影響します。
 
これが慢性化すると
両肩が前に出てきます。
その圧迫が心臓や肺に影響を
与えます。
 
なるべく早い段階で
ヨガによる修正をして
長引かさないようにしましょう
 
 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 079-498-2738 営業時間 14:00~19:00 [定休日:日曜]

PAGETOP