東加古川駅前1分 自分で体をよくする方法を学べる整体・鍼灸(はり・きゅう)院こはく

湯治

38〜39度(高くても41度まで)で40〜50分かかるが一度あたたまると冷めにくい。ゆっくりと時間をかけて、しっかりと体を温め多量の汗をかくこと、また多量の汗が出るような体に変わるまで毎日繰り返す。朝、昼、夕方、寝る前の1日4回が望ましい。
湯上り後は20〜30分と汗が出続けるので3回程度着替えた方がいい。
 
1回の湯治で出る汗の量は個人差はあるが400〜800ミリリットルほどである。
 
42〜43度の高温で2〜3分つかるぐらいでは皮膚の表面化1センチほどしか温められない状態である。すぐに温まるが冷めやすい。
 

注意

湯治は普段の生活の3〜4倍の体力を消耗するのでがん患者の場合体力的に逆効果になることもあります。末期症状の患者、高齢のがん患者で既に食欲もなく体力的に衰弱が著しい人は、入浴をほどほどにとどめ、けっして時間をかけて行う「湯治」はしてはいけません。
 
重症の高血圧の患者、急性炎症性疾患者、急性感染症者も同様です。また癲癇の持病者は付添人がいない限り、湯治はしてはいけません。
 
 
自律神経失調症の症状が強い人は、湯治後1時間しないうちに体が冷え切ってしまう人が多い。
また40分から60分湯治をして体を温めたにも関わらずまったく発汗しない、また発汗が少ないひともいる。このような場合でも38〜39度の温度で入っても、8分から10分程度の湯治で汗だくの状態になるまで新陳代謝を高めることができる。その時には常に温かいからだにかわり自律神経失調が改善されている。
このような体に変わるまでに、通常3、4カ月、遅い人では7、8カ月かかる場合もあります。
 
 
 
 
 
 

お気軽にお問い合わせください TEL 079-498-2738 営業時間 14:00~19:00 [定休日:日曜]

PAGETOP