東加古川駅前1分 自分で体をよくする方法を学べる整体・鍼灸(はり・きゅう)院こはく

ヨガ

ヨガの種類とヨガの10段階

ヨガには大きく分けると
ハタ・ヨガとラジャ・ヨガのふたつにわかれます。
 
ハタ・ヨガは体育のようでスポーツや武道のようで
ラジャ・ヨガは哲学的に真理をもとめたり宗教的に悟りを求め
これらを総合してヨガとなります。
 
これらは常に同時に行うものです。
今はたくさんの名前のヨガが存在していますが、
肉体的なものと精神的なものに分けてみました。
 
ヨガは十段階に分けて説明しています。
第一段階から第四段階までがハタ・ヨガ
第五段階から十段階まではラジャ・ヨガとなります。
 
①ヨガをはじめるにあたり心がまえ
②静的なポーズと動的なポーズによる訓練のしかたこれは身がまえ
③呼吸法や食事法
④自分の意志で生理的に心理的に自分をコントロールする方法
 
⑤心、体、生活、環境を統一して自然にする
丹田の力、注意力、集中力、意識力を鍛えます
⑥心と体がやすらぐ状態にできるように
⑦心を無にする
⑧自と他がひとつになる
⑨人や自然すべてを尊敬する
⑩ほんとうの喜びを心と体で観じる練習
 
僕もわからないところもありますが、
段階を頭にいれておくことはとても大切ですね
 
 

 

ヨガの自業自得の教え

ヨガは自業自得の教えで
自分に関する一切の責任は
自分がとるべきと提唱しています。
 
ヨガでは心構えとして
依存心をなくすことがあります。
 
病気を病気としてみずに
自己改革のためのチャンスとしています。
 
ヨガはすべてのことを
ポジティブに捉える哲学でもあります。
 
病気や悩みを活用して
自分を改めて高めることができると
病気や悩みに対して感謝して
その意味と価値を肯定できるようになります。
 

 

ヨガで体を痛める人

ヨガで体を痛める人は
かなり多くいます。
 
これはポーズをとることを
目的としている場合や
無理をしていることが
多くみられます。
 
ヨガではポーズをとることが
目的ではなくポーズの過程の
体の変化を感じることなどが
とても大切です。
 
できるところまでやってみる
というのではなく腕を伸ばすと
体はどのように変化して
気持ちよく感じるのかなど
体の変化を楽しみます。
 
ヨガのクラスによっては
そのようなことが難しい
ということもあるかも
しれませんがもし体を痛めたく
ないと思われる方はクラスを
選んでみることも大切だと思います。
 
体の感覚は部分を感じたり
呼吸を感じたり目の動きを
感じたり楽しみはたくさん
出てきます。
 

 

健康につながるお腹の力

ヨガではウディアナ
中国では丹田
日本語では肚(はら)
おへその下のあたりで背骨の近くです。
 
体を動かすときの中心点となります。
これは安定した場所で動くと実感できませんが、
ポールストレッチのポールの上などで手足を動かしてみると
感じやすくなります。
 
この中心点の働きを高めれば
健康になると言われています。
そのためには肛門を締める状態を工夫します。
 
上半身の力を抜いて
下半身に力が入るようにします。
 
ヨガでは無駄な力を抜く能力を高め
くつろいだりやわらいだりできるようにし、
どのような状態にも対応できる身構えをつくります。
 
あらゆる動きをすることにより
どの姿勢でもバランスがとれるようにします。
 
ヨガでは行うのに10の過程にわかれています。
一段階で心かまえ
二段階で身かまえを訓練します。
 
心と体の中心点とも呼ばれます。
 

 

休んでも体がだるいのはなぜ?

体は使うと発達して
使わなければ退化します。
体はうまく適応しています。
 
活動範囲を制約されると
体は弱くなってしまいます。
 
心身を思う存分に使うと
以外と元気になる人も多くいます。
 
からだがだるいというのは
意外とエネルギーがあまりすぎている
こともあります。
 
こういう人はとくにヨガを
おすすめします。
決して無理をしないように
 

 

精神的・心の病気もヨガでよくなりますよ

歩いている人をみて
なんとなく悲しそうとか起こっている
とか感じたりしませんか?
 
心の状態は姿勢に表れます
姿勢を変えると心も変わります。
 
疲れたなと感じるとき
顎を引いて腰をのばすと
元気が出て頭もはっきりします。
 
すぐ消極的になる人は
胸をはって腰と足に力がはいるようにします。
 
決断力や行動が遅いと悩んでいる人は
反り返るヨガのポーズや縄跳び
を続けてみて下さい。
 
ヨガの話ではないですが
ファッションも姿勢を変えます。
お気に入りの服を来ていると
気分も姿勢も違うはずです。
 

 

病気は心身の緊張と疲れから来る?

 ヨガの主な目的は
心身の緊張と弛緩の
バランスをとることです。
 
現代は緊張が高まる場面が
とても多いように思います。
 
精神の安定にも
ヨガはとても効果があります。
 
健康なからだは
正しいこころが
あってこそ生まれます。
 
身に付いている
習慣や条件反射が
無意識に自分を操ってる
ことが多くあります。
 
悪い癖が身に付いていると
本来は健康を保つように
できている体力を
 
不健康を作り出す方に
使うことにもなります。
 
習慣性は無意識になっているので
なかなか気付きにくく
たとえ気付いても
 
意識の力ではコントロールが
難しかったりします。
 
これを繰り返しヨガを練習する
ことで正していくことができます。
 

 

感じる力をつければ病気にならない

感じるという力は
命をまもるのにとても大切です。
痛みも体を守る重要な感覚です。
 
自分に必要なものだけ
気持ちいいと感じて
必要のないものは
不快と感じることができれば
病気になりません。
 
立っていても足の裏の
ここに体重をかけると不快で
ここにかけると気持ちいい
 
食べるものもこれを
食べると気持ちいい
これを食べると不快
 
この力が小さいと
病気や異常を見分けることも
できません。
 
感じる力が強ければ
これはしない方がいいと
直感でわかります。
 
この感じる力を
みがく方法が
ヨガでは瞑想だと言われます。
 
当院ではこの感じる力を
体を動かして体がよくなる
ことを実感してもらい
 
体がよくなる動きを
気持ちいいと感じて
頂くようにしております。
 

 

遊び心を大切にすると疲れない

感じるという力は
こどもはみんなもっています。
 
小さな子どもにどうすれば
体がよくなる?と聞くと
驚くような答えが帰ってきます。
 
絵を描くことはお手本のように
きれいにかくことだけでなく
自分がどう感じたかをそのまま
色や形で表現する方法もあります。
 
躍りや音楽も同じで
嬉しさや悲しさを無心になって
その通りに体や音で表現することも
ひとつの芸術ではないでしょうか?
 
無心になってものごとを
うまく行うこつは
遊びかもしれません。
 
計算や損得なしにあそぶこと
ただ楽しくするだけ
 
遊んでいるときの呼吸は
深く長く整ってます
これは何かをするときのこつですね
 
損得や勝ち負けにこだわると
ストレスや疲れがたまったりします
 
勉強も仕事も遊びであっていい
こういう考えも試してみる
価値があるかもしれません
 

 

笑うこと歌うこと詩吟などは長寿の秘訣

ヨガでも呼吸はとても大切に扱われています。
 
深呼吸が一番大切です。
どこででも意識的に深呼吸を
するように心がけましょう。
 
胸でする胸式呼吸と
お腹ですふ腹式呼吸を
合わせて完全呼吸と呼びます。
 
腹式呼吸に大切なのは
肩と首と手の力を抜くことです。
笑いとあくびは腹式呼吸です。
 
心が落ち着いてから
呼吸が落ち着くのではなくて
呼吸がゆっくりになると
心が自然と落ち着きます。
 
笑うときは吐く息ですね。
泣いたり驚いたりすると
吸う息がメインになります。
 
人は生まれると同時に息をはじめて
息が止まるときに死にます。
呼吸は生命の源といえます。
 
息をすることは生きること
長息は長生きを意味すると言われます。
 
自分がゴム風船になっているつもりで
吸う息は体全体をゆるめながら
吐き出すときは体全体で絞り出します。
 
息を吸うときは胸をひろげ
吐くときはお腹をひっこめます。
これを力まずにするのが難しいですが
大切なことです。
 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 079-498-2738 営業時間 14:00~19:00 [定休日:日曜]

PAGETOP