東加古川駅前1分 自分で体をよくする方法を学べる整体・鍼灸(はり・きゅう)院こはく

お白湯

 

 白湯(さゆ)は体にいい?

白湯はほとんどの人にとって体にいいです。
 
白湯があわないとされる方はもしかすると
 
身体に毒素が貯まっているためにおいしく感じなかったり、
 
体調がよくならないとおっしゃるのかもしれませせん。
 
 
 
なので無理のない程度にですが続けることが大切です。
 
毒素と聞いて何?と思うかもしれません。
 
白湯はインドのアーユルヴェーダという
 
考え方で説明されることが多いです。
 
 
 
身体に毒素が貯まっていると白湯をおいしく感じなかったりしますが、
 
続けることで体は浄化されていくとされています。
 
毒素が排出されるときには体調が少し悪くなったりすることも。
 
 
 
白湯はお湯を沸かして飲むでいいのですが、
 
効果をよりあげるための注意点は
 
 
 
電気ケトルよりもコンロで弱火で沸かせて10分以上沸かし続ける
 
あたたためなおさずにポットに入れておく
 
すするようにゆっくりゆっくり飲んで下さい
 
 
 まずは体質の分け方です。
 
アーユルヴェーダでは
 
水(カパ) むくみやすいぽっちゃり のどや鼻が弱い
 
火(ピッタ) 汗かき 食べ過ぎる
 
風(ヴァータ) 乾燥肌のやせ型 冷え性 消化弱い
 
とわかれています。
 
 
 
これははっきり分けることができないので
 
重なっていることが多くあります。
 
火(ピッタ) の体質の人は少し冷まして40℃ぐらいで飲んで下さい。
 
他の体質は50~60℃です。
 
 
 
飲む時間はといいますと
 
食事中に一杯の白湯を10.分かけて飲む
 
お風呂上りに飲む
 
寝る前には少し飲む
 
朝起きてうがいをしてから飲む

 

お気軽にお問い合わせください TEL 079-498-2738 営業時間 14:00~19:00 [定休日:日曜]

PAGETOP